家庭教師のベテラン
2017.03.27

万年筆一言で家庭教師と言っても、若く経験が浅い人が居たり、ベテランで経験豊富な人が居たりします。どちらが子どものためにとってよいのか?の判断材料として、ここでは「家庭教師のベテランの人」についてメリット・デメリットをお伝えしていきます。
メリットは何と言っても教える経験が豊富だという部分です。家庭教師のベテランとして第一線で活躍しているような人は、やはり経験値が凄いです。それを職にしているだけあり、的確にピンポイントで勉強を教えることができる大きなメリットを持っているわけです。ただ「ベテランだから経験が豊富」というメリットは、説明をするまでもなく、ご存知の人は多いかと。本当に凄いところは「時間配分がべらぼうに巧み」という部分です。限られた時間で多くの情報を子どもに伝えないといけないことが家庭教師の仕事。これは一朝一夕で得ることができるスキルではありません。経験が合ってこそのスキルです。特に試験前の追い込み時のような、1分1秒でも無駄にできないとき、このメリットが大きな効果を上げてくれるます。
デメリットに関しては、ベテランが故に大きな自信を持っているため、ポリシーを変えにくいということが挙げられます。もちろん、全てのベテラン家庭教師がこうというわけではありませんが。ただ培ったきた経験、ノウハウを駆使しようとしすぎる傾向もあるため、子どもが「ああしたい」「こうしたい」という要望があったとしても、臨機応変に対応ができない場合があるわけです。これがデメリットになってしまうことに。例えば「子どもが10分休憩したい」と伝えても、家庭教師のこれまでの経験上「今は追い込むとき!これで学力が上がった実績があるから間違いない!」と、休憩要望を却下してしまうというもの。結果、効率が下がってしまい、思ったように学力が上がらないというケースもあるわけです。
大切なことは「子どもとの相性」です。家庭教師としてベテランの域に達している人は、確かに素晴らしい実績を持っていることが多いです。しかし、それはあくまでも家庭教師の話であり、子どもの話ではありません。つまり、大切なことは「子どものためになるか?」という視点。この視点で「ベテラン家庭教師との相性がよいか?」と判別して合格に導くことが重要になってくるわけです。あまりにも相性が悪いと、言うまでもなく学力アップは期待薄になってしまうため、ベテランに依頼したときは特に注意をしていきましょう。

▲ ページトップへ