お任せ☆POP印刷通販6サイト

POP通販おすすめ比較ランキング

お店の商品の宣伝には目立つPOPを利用することで、お客様の注目が集まりやすくなります。可愛らしいデザインのPOPを探している方は、ぜひ当サイトを利用してみてください。使い勝手の良い理想のデザインを探せます。

POP通販比較サイトでは、リーズナブルな値段で購入ができるものを紹介しています。大量にPOPを作りたいけど、値段が気になる方におすすめです。大量に注文をしたいと考えている方は、当サイトを利用してみましょう。

当サイトでは、オリジナルのPOPを作成することができる通販を掲載しています。他のPOPとは違うオリジナリティの高いものを作成したいと考えている方におすすめです。自分でデザインしたPOPを作成したい方は、データで入稿することができます。デザインが決まっていない方は、お店のサンプルを利用することが可能です。

DIGITA

POINT

高いリピート率を持っているので、安心して注文できます
充実した魅力的なサービスを提供してくれます
無料サンプルで印刷の仕上がりや素材の質感を確認してから注文できます

こちらの印刷通販DIGITAは高いリピート率を持っていて、POP印刷をはじめ、様々な印刷に対応してくれることで人気です。たとえば、POP印刷は卓上POPはもちろんのこと、スイングPOPやカード型POPなど、幅広く対応してくれます。1枚から注文できるため、目的に合わせて様々なシーンで利用できます。

1,000円以上購入すれば、北海道から沖縄まで日本全国どこでも送料無料で発送してくれます。また、代行出荷サービスも無料で行っているため、依頼者の名前でクライアントに直送してくれます。もちろん、その際はDIGITAの名前や代金に関することは出さないので、安心して依頼できます。

また、無料サンプルの請求にもスピーディーに対応してくれます。16時までに注文すれば即日発送してくれますし、無料サンプルを見れば発色や素材の質感を確認した上で注文できるため、初めて利用するときも安心感があります。

デザフル

POINT

4種類のプランがあり好みに合わせて選べる
お試しプランがありお得に体験できる
デザインが定額制のため多く作成すると割安になる

個性的なPOPを作る時はデザイナーに依頼すると本格的なものになり、デザフルは通販サイトでパソコンからアクセスして申し込めます。プランは4種類あり好みに合わせて選べ、1ヶ月から12ヶ月まで準備され長く続けると割安になって便利です。

初めて利用する時は1ヶ月間だけ70,000円から半額になり、他のプランと比較して割安になって気軽に体験できます。お試しプランは他社と比較するきっかけにすると好みの内容を選べ、こだわりのデザインにするとうまく表現できて効果的です。

多くのPOPを作成する時は費用が高くなりますが、デザフルは定額制で作り放題のため様々な目的で依頼しやすく安心できます。注文は通販のためパソコンから気が向いた時にアクセスでき、名刺であれば最短で2日間で作成できて便利です。

ラクスル

POINT

名刺以外の商品において配送先が一つの場合は送料がかからない
出荷が遅れた場合や梱包が破損した場合に対する保証を行っている
印刷のサンプルを無料で請求することができる

名刺以外の商品における送料が無料となっている点がラクスルの特徴の一つだとされています。この通販サイトは卓上POPの印刷などを取り扱っていますが、送料がかからなくなるのは配達先が1か所の場合です。1個の商品を2か所以上の場所に配達する場合は送料を負担する必要があります。

出荷の遅延または梱包の破損が生じた場合に対する保証を行っているという特徴があります。品質管理においては、ラクスルと関連のある印刷会社が印刷を依頼しているのでその水準が高いとされています。利便性を考慮して、Eメールなどでサポート対応が行えるようになっています。

印刷サンプルをお金をかけないで請求することができる点も特徴として挙げられています。またウェブサイト上でテンプレートをダウンロードすることができるようになっています。

POP GALLERY

POINT

多種多様なラインナップで充実しています
カタログがあれば素早い注文が可能です
季節によって分けられているので探しやすいです

お客さんの視線を集め高い広告効果を生み出すPOPを、POP GALLERYでは通販で購入することができます。壁面に取り付けるものだけでなく、バルーンタイプやスタンド型などサポート器具を含めると10,000を超えるラインナップがあります。

利用するためには会員登録が必要ですが、そのログイン情報を利用したクイックオーダーというシステムが導入されています。POPと同じように購入できるカタログに書かれた番号を入力するとまとめてカートに入れられるもので、わざわざ商品ページを探す手間が省けます。

取り扱っているPOPの数は非常に多いですが、四季やイベントなど使用するタイミングで分けられているので、目的にあった商品を見つけやすいです。1年を通して使える万能タイプを合わせると、100以上のカテゴリーがあります。

印刷の通販グラフィック

POINT

耐久性の高い仕上がりになります
自動でデータチェックできる入稿方法があります
会員登録後のポイント利用でお得になります

POPには様々な形がありますが、印刷の通販グラフィックでは、ポスターやバネルタイプの依頼ができます。用意されているサイズは豊富で、屋内用のポスターでも短期間であれば外での使用も可能で、パネルだと耐水素材を使用したものもあります。

専用のプラグインを用いたダイレクト入稿や特定のソフトを使用した入稿であれば、自動でのデータチェックも可能で、待ち時間を作らずに済みます。操作に慣れていない人でも使いやすいように工夫された内容で、不備が見つかっても修正可能です。

購入方法は一般的な通販のように土台となるものを選び、その後にデータを入稿することで手元まで送られてきます。会員登録をすれば購入金額に応じたポイントを貯められ、長く複数回利用する場合に活用できます。

バンフーオンラインショップ

POINT

低価格で高品質の印刷を提供してくれます
幅広いPOP印刷に対応してくれます
サポート体制が充実しているので安心感があります

こちらのバンフーオンラインショップは、電話やチャットで24時間サポートしてくれることで人気のネット印刷通販です。低価格で対応してくれるのはもちろんのこと、最新の設備で高品質の印刷を提供してくれます。また、注文からデータ入稿、そして印刷物の納品まで全てネットで手配できるので便利です。

幅広い印刷に対応していて、もちろんPOP印刷もお任せできます。卓上三角POPをはじめとして、水に強いユポ素材のスイングPOP、透明ケースに印刷を挟み込んだスタンドPOPなど、様々なタイプに対応してくれます。そのため、希望にぴったりのPOP印刷を依頼できます。

カスタマーセンターが用意されていて、不明な点や相談があるときは、気軽に問い合わせることができます。24時間体制でサポートしてくれるため、注文方法でわからないことがあるときも安心です。また、全国どこでも1か所の配送は無料で対応してくれる他、丁寧な梱包で届けてくれるなど、充実したサービスが受けられます。

POPの通販ができるサイトはとても頼りになる

コマーシャル用のPOPをこれからオリジナル作品としてオーダーメイドしたいと感じているのであれば、インターネット上の通販サイトを活用してしまう方が無難です。地元で活躍している業者を利用するのも悪くないですが、インターネット上の通販サイトを利用したほうが、確実にレベルの高い業者を選ぶことができるので、安心して任せられるでしょう。実際に窓口でお願いすることができないといったリスクがあるかもしれませんが、それを差し引いても、様々な業者の中から選べるといったメリットがあります。インターネット上からでも、経験者の話を参考にしながら探せば、確実に優秀な業者にたどり着くことができるはずです。素人判断だけは避けて、口コミ情報などを確認することができる情報コンテンツに目を向け、しかるべき業者を探すように心がけておきましょう。

できるだけ多くの業者をピックアップして、ホームページを確認し、今まで作ってきたPOPの作成事例をチェックするのが、とりあえずは基本となります。技術力を把握するためにも、それぞれの業者の作成事例に目を向けるのは、基本中の基本です。作ってもらうにあたり、どのくらいのサイズのどういったデザインのものが、どれくらいの時間とお金をかけることで出来上がるのか、調べさせてもらいましょう。特に料金設定に関しては業者によって大きく異なるので注意です。あくまでも予算内で希望通りのものを作ってもらいたいと感じているなら、いろいろな業者に見積もり金額を出してもらってから、その金額を見比べることが重要となります。比較していくことによって、コストパフォーマンスよく作ってくれる業者がどこになるのか、それが概ね把握できるようになってくるでしょう。

コストパフォーマンスよく作ってくれる業者を見つけたら、後はその業者をメインにやり取りを行うことになります。業者に声をかける時は、キャンセル等にならないようにするためにも、希望デザインをすぐ伝えられるようにしておきたいところです。インターネット上のやり取りで希望デザインを完璧に伝えるなら、工夫をする必要があるでしょう。デザインをファイルにできる技術があるなら、そのファイルをメールに添付し、そのまま業者に送り届けるのが1番手っ取り早いです。もしそれができないのであれば、手書きで記入し、それをファックスで送り届けるのが確実だといえます。別に無理をする必要はないので、こちらの最もやりやすいやり方で、うまく業者に伝えられるようにしておきましょう。こちらの希望デザインと業者の理解にすれ違いが発生しなくなるまで、繰り返しやりとりを行い、間違いのないデザインに近づけていくことが大切です。

カテゴリー